民事再生の詳細&メリット・デメリット

民事再生とは、住宅ローンを除いた借金の総額が5,000万円以下の方は住宅を残したままで借金の整理ができる方法です。減額した借金は原則として3年間で分割して返済ができるため、返済までの道程がはっきりしているのも魅力だといえるでしょう。

しかも、減額された借金を完済すれば残りの借金は返済義務が免除されるのです。 ただし、住宅ローンは支払う形になるので注意しましょう。 つまり、この債務整理の方法は住宅を残しながら借金を整理したい方向けのものだといえます。

債務整理としては他にも自己破産という方法がありますが、こちらの方法は借金がすべて免除される代わりに財産を手放さなければなりません。 民事再生であれば借金が全額免除されるわけではないものの、大切なマイホームを残せます。

これが一番のメリットだといえるでしょう。 住宅ローン自体は減額できませんが、その他の借金を減額することにより住宅ローンの支払いにも役立てることができるはずです。

デメリットとして挙げられるのが、借金がゼロになるわけではないということ。 借金のうち、5分の1程度の金額は返済していく必要があります。 また、手続きにかかる時間も長く、半年ほどかかってしまうのもデメリットです。

それから、信用情報機関に債務整理の情報が載るため、5年から10年間はブラックリストに載る形になってしまいます。 これにより、新たに借り入れをしたりローンを組む事はできなくなるので注意しましょう。

民事再生には小規模個人再生と給与所得者等再生の2種類があります。 申し立て自体は自分でもできるのですが、手続きが非常に複雑で面倒であるため、実際に民事再生を選択する際には弁護士に依頼する形になるでしょう。

先に民事再生にかかる期間が半年ほどだとご紹介しましたが、自分でいろいろ調べながら申し立てをする場合、さらなる時間がかかってしまうことも考えられます。 そうなると借金に悩む期間も長くなってしまうため、民事再生を選択する際には、弁護士に相談した方が良いですね。

ページの先頭へ